プロフィール

ちずママ

Author:ちずママ
3年前にヘルニア入院 、
その後 脳出血
現在 リハビリ、療養中の主婦

2児の母

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
32912位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
3263位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
32912位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
3263位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも一覧

AVM 小脳出血 闘病記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3・11 に・・・

未曾有の震災から もう 1年になった。

昨夜から 東日本の津波関連番組がおおくなった。 何度みても 恐ろしい地獄絵図だ・・・胸が痛い。

今日は 宇和島市は市内全域での 避難訓練が行われた。

朝 9時 サイレンが鳴り響き、 私の携帯には 市役所の危機管理課より 「市内沿岸部全域に避難指示発令」とのメールが入った。

訓練メールである。

同時に エリアメールというものも 宇和島市災害対策本部から届いた。

昨年 私は自治会長をしたので メルアドをしらせてあるのだ。

今年の自治会長は 年配なので 携帯やメルアドももっておらず 私のところに届くのだ。

母と私は 待ちきれず 9時前に 家をでた。

主人、父、子供は 家から出ず、参加しない様子。

「人がまじめに やっていることに 非協力的な人間は だいっきらい!

と母と2人で ふてくされ、文句を言いながら 避難場所に向かった。

神社
近所の神社の境内に避難 少し高い場所だが・・・このくらいで いいのか・・・と不安はある。

避難 今日は暖かいので みんな お散歩がてら のんきに 集まっている。
              ただ・・・ なんだか すくないな~~
              うちの 4丁目は12人しかいなかった・・・

              こうゆうのを 真面目に やったか やらないか・・で いざと言うときに 違いがあるんだ! と思う。
昨夜からの あの震災時の画像を見て なにも感じないんだろうか・・・

昨年の 3・11 リアルタイム 私は 保育園で0歳児クラスの仕事中だった。
突然の サイレンに 「どこか近くで火事だ~~!」と思っていた。

私は 6ヶ月の赤ちゃんを抱っこしていた。 担当は 3人 
2人は お誕生日前の よちよち歩きだった。

ふいにテレビをつけると これは どこ? というような光景が 写っていた。
津波に家も車も 流されている

もし今 ここも そうなったら・・・と考えた。

1人おんぶ して  2人抱っこして 裏山へ逃げれるだろうか・・・?
津波が 水が おしよせてきたら・・・ 

この状態じゃ泳げないよ・・・  しずんじゃう・・・    横で 若い先生が 「こども置いて 自分は逃げるよ
       
だって 自分の子供がいるもん。」実際になってみないと わからないけど・・・ 自分の身を守るだけで 精一杯だろうな・・・

改めて そんなことを 思い出した1日だった。

この辺りも 南海地震が いつ起こるかわからない状態だ。

なにかあったら その人の 生き運しだいだ・・・とも 思ったり。

普段の行いが 関係するんだ とも おもったり、 だから こんな 避難訓練は まじめにやっておいたほうがいい。

今日もなに事もなく 平穏に無事に1日が終わることに 感謝しよう。

後悔だけは しないように やりたいことは まず やっておこう と 今更のように思う。

        



 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【ちずりんの ただいま リハビリ療養中】

未曾有の震災から もう 1年になった。昨夜から 東日本の津波関連番組がおおくなった。 何度みても 恐ろしい地獄絵図だ・・・胸が痛い。今日は 宇和島市は市内全域での 避難訓練が行われた。朝 9時 サイレンが鳴り響き、 私の携帯には 市役所の危機管理課より?...

コメント

Secret

No title

同じ宇和島市に住んでいる。
9時丁度に 放送があった。
地震の放送みたいだが、自分は山で農作業中で、はっきり聞こえない。放送不感地帯を何度も行政に言っても
改善されず15年がすぎた。
5分か10分後、避難の指示らしい放送があったが、スピーカーの音は 解読できない。
ただサイレンだけは単調な音だから分かる。

そして1時間ほどして 終了の放送が 聞こえた。

そこで 感じたことは、何年か前、似たような訓練に
参加したが、今も何も変わってないことだ。

昨年 自分の命を提供して放送した職員の報道があるが
その緊迫感を 宇和島市は市民に見せようとしていないことにいかに宇和島市の職員や幹部が無脳なのかとさえ感じた。
いつも考える  役所は自分たちの不手際を追求されない事を一番に考えた程度で動くし、企画する。

最後に 我が家で訓練に参加したお嫁さんに聞いてみた、解散前に何か言われましたか?と
担当者曰く ほんとに津波が来たら、公民館じゃなく
安全思う山に避難しましょうと・・・・
言葉を失った。・・・・今日の訓練は何のため??

もう一つ
エリアメールの件である。
他の地域では、ショートメールで、Eメール契約してない人にもメールが届いていると聞いた。
私は Eメール契約してないのでメールが来なかった。
お宅の殿方のように 生きれないかも??

職員のための 訓練で満足して欲しくない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。